YAKIYAMA LINE一覧

淫欲の棲家を読んだ感想

淫欲の棲家を読んだ感想その1

旦那が出張中の親子がとにかくエロい。無駄に露出の多い人妻とその娘二人は発育がよく、結婚もしていない女に縁がない義理の兄が入り浸りたくなる気持ちも分かります。家のものを飲み食いしてはソファで眠る厄介者だけど陰部の大きさは人並み以上で、姪はおじさんに対して拒絶反応を見せるものの人並み以上に大きなあそこには釘づけ、自分の体を見て勃起する叔父に最低だと感じつつも大きすぎるあそこには興味津々な状態はこれからの展開を期待させてくれます。
人妻であり母親でもあるのに、旦那がいないことで人寂しくなり、旦那よりも大きな義理の兄の陰部を見て、興奮が収まらずに、一人で大人のおもちゃを使って自慰行為を始めて、あろうことかそのまま寝てしまい、そこに義理の兄がやって来て、自慰行為の途中で眠ってしまった弟の奥さんを見て自慰行為を始めるという最低な行為ながらも、ドキドキしてしまいました。もしも起きたらという気持ちでいたものの、なんと人妻の方が旦那と間違えてキスをしてくるという展開から、一気に気持ち悪い男が興奮していき、バイブを出し入れしなが、「本物が良いだろう」と自分のものをねじ込む姿は圧巻です。なるべくしてセックスの関係になったとしか思えず、嫌がる人妻を見ても可哀相に感じることなく、楽しませてもらいました。

淫欲の棲家を読んだ感想その2

美少女に熟女と性欲を持て余している、また未体験な中年オヤジの激しい性欲の性衝動に抗えない快楽へと堕ちてしまう、美女と美少女の快楽堕ちなエロ漫画を多数に手掛ける事で有名なYAKIYAMA LINE先生の「淫欲の棲家」を紹介したいと思います。

この作品を簡単に説明すれば、貧乏でニートな中年オヤジが、裕福な美女の人妻を犯してしまうという、美しいモノが醜いモノに蹂躙されていくと、実にエロく仕上がっている漫画でもあります。

ヒロインとなる人妻の春佳は、誰もが羨む程の美人妻。

そんな彼女が、ニートでオナニーだけが生きがいと、もう人生が積んでいるダメ人間の中年オヤジの育男に徹底的に凌辱されてしまうと、寝取られ好きな人に堪らないシチュエーションで物語は進んでいきます。

春佳は夫とセックスできない事にムラムラと欲情をため込んでおり、育男の大きなチンポを見たせいで、日頃に持て余していた身体の欲情が抑えきれず、不在の夫の事を事を想いながら、巨大なバイブでオナニーをしてしまう程に、エロすぎる春佳。

でもそんなエッチな姿を、うっかりと育男に見られてしまいます。

満たされれない人妻の激しいオナニーを見てしまえば、性欲が取り柄の中年ニートが我慢出来るわけもなく、底辺のダメ男のチンポを無理矢理に挿入され、快楽によがり狂ってしまう春佳。

最初は抗うも、動画とは違うリアルの牝の匂いに酔った中年オヤジの激しく求めてくる性欲に抗えるわけもなく、真面目な人妻が、ゆっくりと執拗な快楽へと堕とされ、ダメ男の精液に子宮を満たされ、淫乱な牝へと化す!

そんな徹底した凌辱が楽しめる内容となっています。

淫欲の棲家を読んだ感想その3

すごい露出度の高い服着た親子だな~というのが第一印象です。そして、なぜこの親子は服を着ているのに乳首が目立つのか。ブラジャーをしていないのでしょうか。エロ漫画あるあるですが、気になります。そして父の兄、育男の駄々のこねかたがそこらの子ども以上にひどいと思ったのはわたしだけでしょうか。あんな人が実際にいたら、例え旦那の兄だとしてもドン引きです。ハゲで汚くて飲んだくれでニートなんて最悪です。弟のいない家でお風呂にごはんをタダで済ませようとするなんてとんでもないです。奥さんも奥さんで、よくそんな相手を年頃の娘が二人もいるのに家にあげるなぁと思いながら読み進めました。何かないわけがありません。そして育男が家にいるのにも関わらずオナニーを始める奥さんは相当欲求不満だったんですね。旦那さんとの仲が良好で何よりと思いましたが、育男に見られているのでそんなわけにもいかず…。そんな人に無理やりされて、それがどんどん快感になっていく、といった感じでしょうか。やはり相手がおやじ系が多いので、わたしは見ていて気持ち悪くなってしまいました。それでも親子を虜にしていく育男の名器が気になりますね。すごいイチモツなんでしょう。