美人面犬の飼い方一覧

美人面犬の飼い方を読んだ感想

犬の体に欲望をしてしまう「美人面犬の飼い方」という漫画のストーリーにあまりにも異色すぎて始めは失礼ながら気持ち悪いと思ってしまいました。しかし、犬の体でありながらも顔は美人で言葉も話、飼い主とも良好で姉と弟のような関係を築いている美人犬の魅力が読み始めるとすぐに伝わってきます。
散歩中に体は犬のため、裸で歩く後ろ姿を見て、プリプリの小さなお尻に興奮する飼い主でもある弟のような青年が序盤から美人犬をエロの対象としてみていて、更に美人犬も仕方ないなと欲望に応えるという、二人の関係が常習的というような描き方も、描かれていない過去の二人の絡みをイメージ出来、創造力でエロの世界を広げていきたい派の人にはたまりません。犬の体とセックスするなんて気持ち悪いとさえ思って読み始め、中盤ではすでに二人の関係の虜になっていました。家族がいないときに自分のベッドに連れ込んで、避妊もせずにセックスを楽しむ家族には内緒の背徳感もあり、犬の体らしくフェラでご奉仕中に尻尾を振って喜びをアピールしたりと、人間同士では表現できない喜びを犬の体設定を上手に生かして描かれているため、これまでとは異なる興奮を覚えること間違いありません。

さまざまな良作エロ漫画を描いているチンジャオ娘さんの作品というだけで、面白くないはずがないと思ったのですが、顔が人間で体が犬というような異色過ぎる作品に、エロさを感じることが出来るのか不安でしたが、その不安は一気になくなります。さすが人気の同人誌作家さんのコラボ作品なだけあり、エロさは抜群です。
顔はとても美人で体が犬の美人犬を姉として慕い、散歩に連れていきながらも前を歩く美人犬の裸のおしりを見ながら、セックスをお願いし、最後まで聞かなくても「またなの」とその関係が初めてではないとこを思わせるセリフが異様にイヤらしく感じてしまいます。橋のしたで小さな穴に大きくなった弟のものをねじり込み、姉のなかをさんざん掻き回したものを姉に舐めてと突き出すのに汚いと抵抗を見せるシーンでは、相思相愛ではないのかなと思いきや、嫌がりながらフェラをする美人犬の姉が犬が嬉しいときに尻尾をふる性質を活かして、思いきり尻尾を振りながらフェラを楽しむ姉が美人犬ならではのエロさを持っていて、さすがチンジャオ娘さんの作品だと思わされます。「気持ちいい」と、姉のなかに入ると素直に歓喜の声をあげる弟のような飼い主も嫌がりながら尻尾を振る姉のような存在の美人犬も最高です。