狙いはピンクを読んだ感想

狙いはピンクは、戦隊戦士の女性戦士のことをめちゃくちゃに犯したいという密かな願望を抱いている雑魚キャラがピンクを実際に犯してしまうという過激なストーリーとなっています。アクションもあり、エロスもあり、子供向けの戦士のような雰囲気のなかでエロい展開が繰り広げられるのはなかなか背徳感のあるエロさでした。
ピンクが雑魚キャラにやられてしまい、気を失っている状態で雑魚キャラが抱き抱えている姿は、体のシルエットがしっかりと出ているので、やられてしまいぐったりとしているピンクの姿だけでも興奮することが出来そうです。ピンクの武器をあえてエロのために使うというのもなかなかゲスイような感じもして、ピンクという戦士の特徴もしっかりと活かしながらじんわりとピンクのことを襲うのはなかなかマニアックな感じがします。ピンクが躍動感あるような挿入のされ方をされるシーンでは、こちらまでドクンとした痛みのようなものを感じさせられます。基本的には大きな動きを伴うようなレイプシーンが続きますので、きれいなセックスシーンなどには興味がないような人であったり、やや獣人的な印象も受けるので、人外ものが好きな人にも受けそうな内容ではないでしょうか。

狙いはピンクのネタバレ

正義のヒロインを犯したいという願望を持っている雑魚キャラという、ちょっと異色とも思えるような設定の漫画ですが、戦隊ヒーローものを見ていた男子のなかには、ピチッとした衣装から感じ取れるおっぱいの感じなどから、ピンクのことをイヤらしい気持ちで見たことがあるという人もいるかも知れないと思うと、ある意味ではピンクのことを犯したいという願望というのは、多くの男のロマンなのかもしれないとさえ思ってしまいました。
強くて正義感があり、エロい要素などを本来なら感じさせないピンクが乱れるところをみたいと、ピンクのことをボコボコにして意識を失わせて、思いっきりピンクの体を堪能するシーンは見ものです。雑魚キャラだったのに、ピンクのことを犯したいという一心で体を鍛え、意識を失っているピンクを見てよだれを垂らしながら舐め回すという、卑劣な雑魚キャラに、ついついもっと過激に攻めないと、目を覚ましたピンクに反撃されるよとアドバイスしたくなりました。ピチッとしたヒロインの衣装からはみ出る乳首や念願だった思いを込めて、ためらいなくつくという過激なプレイは戦いの延長のレイプのようで、ゾクゾクさせられます。強いヒロインが犯されてしまうシーンは必見です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする