美少女捕獲して性教育を読んだ感想

「美少女捕獲して性教育」はイヤらしいことを考えすぎてしまうことで逆に意識して男性としゃべることができない女子高生が、初めて会う人とデートをするために待ち合わせをしているところに、キモい男に狙われて、脅されながら車に乗せられエロい展開に発展していくという、女子高生のレイプシーンを堪能できる漫画となっています。未発達の体をキモい男に貪られながら、嫌がりながらも感じまくる女子高生がたまりません。脅されながらヤられてしまう女子高生はなぜこんなにもイヤらしく感じてしまうのでしょうか。言うことを聞かなくてはと思いながら、キモいと思いながらも感じていく展開は素晴らしいです。
しかも、「美少女捕獲して性教育」は変態な男と女子高生の関係だけではなく、セックスが過激にエスカレートをしていき、女子高生のクラスメイトなども巻き込んで、どんどんと生活がセックスを中心になっていく姿がたまりません。セックスに免疫がなかった女子高生が、目隠しプレイやフェラ、3Pに青姦などを受け入れてしまう展開には最初のイヤらしい妄想が可愛らしく思えてくるほどで、どんどんとエロを開化されていく女子高生には目を離すことが出来ませんでした。

まだ学生服を着たあどけない少女「あみ」が見知らぬオジサンに誘拐され、それからずっとエッチな調教をされてしまう漫画です。
内容的にはかなり怖いお話なんですけど、「みくろぺえじ」さんのとても可愛らしい絵柄がそれを程よく中和してくれているのでエロ漫画としてちょうどいい塩梅です。
あみちゃんの事も拉致監禁しっぱなしではなくて、きちんと(?)解放して日常生活に戻してあげていますからね。
いや、まあオジサンはあみちゃんを解放した後も彼女をハメ撮り画像で脅し、定期的にエッチな行為に及んでいるので全然解放されてはいないのですが、彼女を外に出すのが話を面白くしていると思います。
普段は学生服を着て学校に通っているからこその「○学生」なわけで。
そこで監禁しっぱなしにして学生要素を無くしてしまったり、いじめ過ぎて人格が変わってしまったりしたら、あみちゃんの魅力は激減ですからね。
あみちゃんに子供らしさを残したまま、そんな彼女を呼び出してエッチな調教を施していくというのが良いのです。
それにこのオジサン、「同級生の男子にも抱かせてやる」「エッチな格好をさせて町を連れ回す」などけっこうオープンな感じにあみちゃんを調教していくので、それもあって陰惨さがいい感じに軽減されている気も。
その辺りのバランスは絶妙だなと思いました。
とにかく女の子が可愛い漫画で、そこはずっと可愛いままなので、表紙などを見てヒロインが気に入ったのなら読んでみてほしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする