淫欲の棲家を読んだ感想

淫欲の棲家を読んだ感想その1

旦那が出張中の親子がとにかくエロい。無駄に露出の多い人妻とその娘二人は発育がよく、結婚もしていない女に縁がない義理の兄が入り浸りたくなる気持ちも分かります。家のものを飲み食いしてはソファで眠る厄介者だけど陰部の大きさは人並み以上で、姪はおじさんに対して拒絶反応を見せるものの人並み以上に大きなあそこには釘づけ、自分の体を見て勃起する叔父に最低だと感じつつも大きすぎるあそこには興味津々な状態はこれからの展開を期待させてくれます。
人妻であり母親でもあるのに、旦那がいないことで人寂しくなり、旦那よりも大きな義理の兄の陰部を見て、興奮が収まらずに、一人で大人のおもちゃを使って自慰行為を始めて、あろうことかそのまま寝てしまい、そこに義理の兄がやって来て、自慰行為の途中で眠ってしまった弟の奥さんを見て自慰行為を始めるという最低な行為ながらも、ドキドキしてしまいました。もしも起きたらという気持ちでいたものの、なんと人妻の方が旦那と間違えてキスをしてくるという展開から、一気に気持ち悪い男が興奮していき、バイブを出し入れしなが、「本物が良いだろう」と自分のものをねじ込む姿は圧巻です。なるべくしてセックスの関係になったとしか思えず、嫌がる人妻を見ても可哀相に感じることなく、楽しませてもらいました。

淫欲の棲家を読んだ感想その2

美少女に熟女と性欲を持て余している、また未体験な中年オヤジの激しい性欲の性衝動に抗えない快楽へと堕ちてしまう、美女と美少女の快楽堕ちなエロ漫画を多数に手掛ける事で有名なYAKIYAMA LINE先生の「淫欲の棲家」を紹介したいと思います。

この作品を簡単に説明すれば、貧乏でニートな中年オヤジが、裕福な美女の人妻を犯してしまうという、美しいモノが醜いモノに蹂躙されていくと、実にエロく仕上がっている漫画でもあります。

ヒロインとなる人妻の春佳は、誰もが羨む程の美人妻。

そんな彼女が、ニートでオナニーだけが生きがいと、もう人生が積んでいるダメ人間の中年オヤジの育男に徹底的に凌辱されてしまうと、寝取られ好きな人に堪らないシチュエーションで物語は進んでいきます。

春佳は夫とセックスできない事にムラムラと欲情をため込んでおり、育男の大きなチンポを見たせいで、日頃に持て余していた身体の欲情が抑えきれず、不在の夫の事を事を想いながら、巨大なバイブでオナニーをしてしまう程に、エロすぎる春佳。

でもそんなエッチな姿を、うっかりと育男に見られてしまいます。

満たされれない人妻の激しいオナニーを見てしまえば、性欲が取り柄の中年ニートが我慢出来るわけもなく、底辺のダメ男のチンポを無理矢理に挿入され、快楽によがり狂ってしまう春佳。

最初は抗うも、動画とは違うリアルの牝の匂いに酔った中年オヤジの激しく求めてくる性欲に抗えるわけもなく、真面目な人妻が、ゆっくりと執拗な快楽へと堕とされ、ダメ男の精液に子宮を満たされ、淫乱な牝へと化す!

そんな徹底した凌辱が楽しめる内容となっています。

淫欲の棲家を読んだ感想その3

すごい露出度の高い服着た親子だな~というのが第一印象です。そして、なぜこの親子は服を着ているのに乳首が目立つのか。ブラジャーをしていないのでしょうか。エロ漫画あるあるですが、気になります。そして父の兄、育男の駄々のこねかたがそこらの子ども以上にひどいと思ったのはわたしだけでしょうか。あんな人が実際にいたら、例え旦那の兄だとしてもドン引きです。ハゲで汚くて飲んだくれでニートなんて最悪です。弟のいない家でお風呂にごはんをタダで済ませようとするなんてとんでもないです。奥さんも奥さんで、よくそんな相手を年頃の娘が二人もいるのに家にあげるなぁと思いながら読み進めました。何かないわけがありません。そして育男が家にいるのにも関わらずオナニーを始める奥さんは相当欲求不満だったんですね。旦那さんとの仲が良好で何よりと思いましたが、育男に見られているのでそんなわけにもいかず…。そんな人に無理やりされて、それがどんどん快感になっていく、といった感じでしょうか。やはり相手がおやじ系が多いので、わたしは見ていて気持ち悪くなってしまいました。それでも親子を虜にしていく育男の名器が気になりますね。すごいイチモツなんでしょう。


家畜の王を読んだ感想

家畜の王の感想その1

「家畜の王」は、タイトルからはどのようなストーリーなのかを創造できなかったのですが、正に家畜というようなストーリーを見せられました。空手の名手である少女が弟のことを不良から助けたことによって、仕返しを企てられるというようなストーリーなのですが、出だしはエロ漫画とは思えないようなストーリーで始まるのにも関わらず、不良のグループに捕まり、空手で鍛えた腕が効かずに服を脱がされスマホで撮影をされてしまう姿がイヤらしくて家畜の所存を見せられるのは、興奮してはいけないものの、思わず見入ってしまいます。
制服に隠されていた胸がはだかれて必死に抵抗をする姿を撮影しながら楽しむ様子に、胸をさわられて嫌なはずなのに感じてしまい、体をくねらせてしまう姿に強気な少女の姿はなく、そのギャップが更にイヤらしさをましていきます。弱味を握られてしまった少女が男たちの手によって快楽の果てまでに落とされていくストーリー設定は見事です。いやがる少女がリアルなまでに描かれていますし、感じないようにグッと我慢している表情にすら魅せられていくようでした。嫌がる女を無理矢理言いなりにするというのは正に家畜のやることであり、それを楽しんでしまう自分も家畜なのかもしれません。

家畜の王の感想その2

冒頭、空手の天才少女と呼ばれている女子高生の咲ちゃんが、不良たちをボコボコにして、いじめられている弟を助けます。セーラー服の咲ちゃんが、ミニスカをヒラヒラしてパンチラをしながら戦います。

そこがひとまず見所のなのですが、本当の見所はその先にあります。ボコボコにされた不良たちが弟を拉致し、喧嘩の強い先輩を連れてきて仕返しをします。そして、咲ちゃんは先輩にボコボコにされて不良たちに陵辱されてしまいます。

で、その陵辱されるシーンが変わっています。咲ちゃんが無理やり弟とセックスをさせられるのですが、そこでなんと、弟のあそこはビンビンになっています。弟はどうも姉の咲ちゃんを性の対象と見ていたようで、ビンビンなったあそこを…。

話の展開から、不良たちに強姦されるのかと思いましたが、予想に反することが起こりました。近親相姦と言えばいいのか、こういう展開が好きな人はかなり興奮するでしょう。気が強い咲ちゃんは陵辱されて、力が抜けてしまったようです。

気の強い姉がエロいシーンで骨抜きにされる展開は予想しましたが、まさか弟がという展開になります。

話の前半は空手のバトルシーンが、かなりうまく描かれていて、普通のアクション漫画に見えますが、後半にはちゃんとエロいシーンがあります。しかし話に続きがあるのか、途中で終わっている感じなのが残念です。


カラミざかりを読んだ感想(一部ネタバレ含む)

カラミざかりの感想その1

親友と憧れの女の子がセックスをしているところを間近に感じながら、当の本人は違う女性とキスをしているという寝取りの要素もありつつ、4Pのような感じでもあり、さまざまな要素が織り混じった若者たちのセックス現場を覗き見させられているような気持ちになります。
親友とクラスメイトが野獣のようにベッドで絡み合い、イヤらしい音とあえぎ声を聞きながら二人が果てるのを見届けた二人が、次は参加しろと言われて無理やりベッドに連れていかれ、純粋そうにしている憧れの人が親友の手によって霰もない姿にされてしまい、止めに入ろうとする彼に先程親友にいかされた女子が舌を絡ませてきて、ベッドの下に二人でなだれ込み、間近で見るクラスメイトの過激な姿に興奮しつつも、耳は好きな人が親友にやられてしまうことに集中するというのは妙にリアルです。「グチョグチョじゃないか。指がすぐ入った」と、実際にグチョグチョと音をたてながら自分の好きな人をイヤらしいと言いながら攻めまくる姿を、好きでもない女からフェラをされながらチラチラと見てしまう男の切ない性が描かれており、間近で好きな人の処女が失われる音を聞かされるという酷な状況なのにも関わらず、フェラでいかされるシーンはなぜか背徳感もあります。

カラミざかりの感想その2

いきなり「里帆」と誰かの絡みと、その様子を建物の外で盗み聞きしている高校生の男女2人という意味深なシーンから始まる漫画「カラミざかり」。
読み進めていくと、主人公的なポジションにいる高成くんが片思いしているクラスメートが飯田里帆ちゃんであると分かります。
そして高成くんの隣で一緒に里帆ちゃんの喘ぎ声を盗み聞きしている女子は、高成と里帆にとって友達である新山智乃ちゃん。
では冒頭で里帆ちゃんと絡んでいるのは誰かというと、ハッキリとは明かされていないですが、おそらくは吉野貴史くんなんですよね。
これがけっこうややこしい状況で、4人は同じ学校のクラスメートではありますが、別に誰が誰と付き合っているわけでもなく。
ただ全員がお年頃で好奇心とかエッチな気持ちを持て余していたところ、たまたま機会があって貴史・里帆・智乃の3人がそれぞれ童貞や処女をまとめて卒業。
その場には高成くんもいたわけですが、とある事情で彼だけは童貞のままなのです。
そして後日、里帆ちゃんと貴史くんがそのまま肉体関係を継続している事に高成くんと智乃ちゃんは気付くわけですが……これが面倒な事になっていて。
というのも高成くんは里帆ちゃんに片思いしていて、智乃ちゃんも同じように貴史くんに片思いしているようなんですよ。
しかし高成くんにとって貴史くんは親友であり、また智乃ちゃんにとっての里帆ちゃんも同様。
そんな何とも言えないやるせなさというか、切なさを感じさせるシーンが漫画の冒頭に描かれていたわけです。
でも貴史くんと里帆ちゃんがそうなった経緯については一切描かれていません。
寝取られ漫画として見るとなかなか衝撃的なお話で、その手の話が好きな人にはお勧めです。
この「カラミざかり」はけっこうなボリュームの漫画ですけど、まだ一作目で、続きがその内に出ると思われます。
今回は描かれなかった部分を補完するものになっていると思うので、そちらも楽しみにしていたいですね。


人をダメにするちょいブス~顔40点身体120点の彼女~を読んだ感想

人をダメにするちょいブスの感想その1

まず、最初に彼女が登場したときは、顔40点もあるかなぁ……と思うくらいでしたが、お持ち帰りされたあとからは、見慣れたのか、それとも主人公に恋をしているからなのか、かわいく見えてきました。 主人公の身勝手さには腹立たしさも思えますが、まあリアルな男の子を描いているんだろうと思いました。 描写的にはかなり臨場感ありで、体は120点という彼女の床上手さをうかがえるもので、とても良いのではないでしょうか。私は女なので、AVも含めて多くは見てないのですが、下手なAVよりも、キスのねっとり感や、フェラチオの時のジュボジュボと吸引してる感じ?などなど、興奮できる要素があるのではないかと思いました。 ひとつ、疑問に思ったのは、彼女がけっこう太っているのはなぜだろうというところ。 体120点というタイトルから、非の打ち所のないナイスバディな彼女だと思いきや、胸は半端なく大きいですけど、全体的にぼてっとしているので、驚きました。 結局のところ、男の人が女の体を評価するところって、肉付きとテクニックなの?それとも思い通りになる都合のよさなの?という疑問がわいてしまいます。 しかし、そうはいっても、肉付きがよくて、床上手で、何でも言うことを聞いてくれる彼女って言うのは、それだけでも興奮する要素しかないですし、エッチをしているときの彼女の顔は100点なので良いと思います。

人をダメにするちょいブスの感想その2

有名サークル「チンジャオ娘。」さんの作品といえども、表紙を見て使えるかどうか正直ちょっと心配になった漫画「人をダメにするちょいブス~顔40点身体120点の彼女~」。 しかし読んでみると、ちょいブスのヒロイン・祥子ちゃんがとても可愛らしい女の子でした。 さすがは身体120点の女だけあって、エッチシーンの肉感と迫力はよくあるモデル体型ヒロインよりも上かもしれません。 あれだけ柔らかそうだと思わず抱きしめてみたくなりますよね。 主人公もその身体の魅力に負けて彼女と関係を持ち、そのまま交際がスタート。 しかし話が進むにつれて祥子ちゃんの本当の魅力は身体ではなく気立ての良さにあるのだと思うようになっていきます。 エッチはエッチでバンバンやりまくる漫画なんですけどね。 祥子ちゃんは私服からコスプレ衣装、ビジネススーツなど色々な格好で主人公に抱かれます。 そうしたエッチなシーンも盛りだくさんで興奮モノなんですが、ただそれだけでなく意外とストーリーも描かれるので漫画としてなかなかおもしろかったです。 ちょいブスなヒロインと出会って爛れた関係に堕ちていく主人公と、そんな風に人をダメにする身体を持った祥子。 この二人にどんな未来が待っているのか時にしながら読み進めていくのも楽しかったです。 「チンジャオ娘。」さんのファンは表紙のヒロインで敬遠したりせずにぜひ読んでみてほしいですね。

人をダメにするちょいブスの感想その3

美人は三日で飽きるという言葉がありますが、「人をダメにするちょいブス~顔40点身体120点の彼女~」は、知れば知るほど癖になるようなとてもちょいブスが主人公の男を翻弄していく姿がとても印象的です。処女だったはずのちょいブスが男の望むようなプレイなどをしていき、しかもちょっと触るとあえぎ声を出すような感度抜群のちょいブスにはまっていく姿に、始めはこんなブスが感じているところを魅せられても興奮しないだろうと思いつつもだんだんとちょいブスに魅せられていくことに気がつきました。どのようなセックスも受け入れてくれるちょいブスが男が求めるセックスを少し恥ずかしそうにしながらも受け入れ、すぐにスイッチが入ったように感じ始め、リアリティーがあるムチムチのからだが激しいピストンによってたぷんたぷんと揺れていく姿がイヤらしくて、興奮ものです。放漫な胸と一緒にお腹までも揺れてしまうのはリアリティーがあり、思わず見入ってしまいました。コスプレをしても可愛くないちょいブスが一度洋服を脱ぐと淫らに喘いでいく姿はとてもセクシーに見えて、動画発信などを許していく姿に視聴者も魅了されていき、どんどんだめにされていく姿に、自分までダメになっていきそうでした。